SiriでiPhoto起動

SiriからiPhotoを呼び出すことに成功!連絡先に写真のように登録して「あいふぉと」といえば、この画面が起動する。webの部分をタップすればiPhotoが起動する。
kidou.jpg

HDMI to VGAコンバータ

AppleTVにiPad2(以降)やiPhone4Sの画面をそのまま映し出す機能、「AirPlayミラーリング」がある。これを利用してプレゼンを行おうとすると、AppleTVをビデオプロジェクタに接続する必要がある。AppleTVからの出力端子はHDMIしかない。そこで、登場するのがHDMI出力をVGA出力に変換するコンバータである。Amazonでで数社から発売されているHDMI to VGAコンバータで動作を確認できた。
31ItlA8FadL.jpg
HDMI to VGA and 3.5mm Audio Converter(Amazon)

KBC-L54D

300_.jpgSANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (高容量リチウムイオン3.7V5400mAh電池使用) KBC-L54D
とうとう出ました。出力が1A→1.5Aとなり1安心してiPadなどにも充電ができます。5400mAhと高容量です。これまでのものは5000mAhでした。9月8日発売です。
電池残量や充電状況を示すLED表示を従来のブルー1色から、3色表示に変更。グリーンに表示されている場合は電池残量70%、充電が約70%以上終了していることを示す。オレンジは約40~70%、レッドは約40%以下を表す。LEDが消灯している場合は、使用不可。出力用USB端子は、最大2つの機器まで同時充電が可能。1.5A出力は1口出力のみに対応し、出力時間は約2時間。2口使用時の出力は500mAで出力時間は約2.5時間、1口使用時で500mA出力時の出力時間は約5時間。
KBC-L54D(Amazon)

PhotoFast i-FlashDrive (PF-IFD)

1892_1.jpgPF-IFD-32Gが正式な製品名です。iPhoneで読み込めるアップル社に唯一認められたiデバイス互換のフラッシュドライブ(アップル社の認証取得済み製品)です。 iPhone4やiPadなどの「iデバイス」内のデータをネットワークやPCを介さずに出し入れ可能です。「i-FlashDrive」からiデバイス内へコピーされたデータはアプリ内(無料アプリ)で管理されます。一度コピーされたデータは削除しない限り、アプリ内で閲覧でき「i-FlashDrive」がなくとも確認でき、USBメモリとして使えます。
PhotoFast i-FlashDrive (PF-IFD)「サントラスト」
i-FlashDrive 32GB(Amazon)

PowerPointファイルをiPadで見ると…

PowerPointのファイルをiPadやiPhoneで見ると文字化けしたり、文字がずれたりしている。iPadで編集するわけではなく、プレゼンの練習用に開いて見るという使い方をしているだけなら、方法はある。MacやWindowsで作成したPowerPointファイルを、「別名で保存」で.pdfファイルにしたものも同時に保存する。これらをDropboxやGoogleドキュメントに保存しておけば良い。iPadやiPhoneで開いてプレゼンの練習をするだけなら、pdfファイルの方を開けば、ほぼ完璧なレイアウトの画面でプレゼンの練習が出来るのだ。
それからもう一つ、ファイルサイズの小さいpdfを作ればさらに軽快にiPad/iPhoneで開くことが出来る。どうするか?
Macでは、作成したpdfをプレビューで開いて「別名で保存」で再度保存しなおす。その時に、QuartzフィルタでReduce File Sizeを選択して、保存すればよい。WindowsではAcrobatで同様に「名前をつけて保存」で同様に、ファイルサイズを圧縮して保存すればよい。ファイルサイズを小さくするためにはメニュー「アドバンスト」→「PDFの最適化」を選択して種々のパラメータを調節しておく。

医師のためのモバイル仕事術  iPad\iPhoneを使い倒す! 購入先

mobile.jpg「医師のためのモバイル仕事術  iPad\iPhoneを使い倒す!」が、Amazonで入手できなくなって久しい。一時期は、潤沢に在庫があったはずだが、現在は、出品者から購入可能になっている。なんと、プレミア商品となっており、定価\3000が、最低でも\3720+送料\250である。最高価格は\6300である(2011/5/6現在)。出版社のサイトに、オンライン書店で購入するというバナーがあり、ここからも購入は可能である。ここ以外に、オンライン書店ビーケーワン丸善&ジュンク堂書店でも購入可能である。
iPad2が日本でも発売され、本気で使おうと考えている同業者が増えているようだ。
ハードウェアではなく、如何にその環境を使いこなすかが大切であると考えている。持っているだけでは、達人にはなれない。使い倒すためには、その道具がある環境に、どっぷりつかることが必要である。
学研メディカル秀潤社
オンライン書店ビーケーワン
丸善&ジュンク堂書店

iPad2は、明日4/28に日本で発売される[日本経済新聞]

日本経済新聞によると、iPad2が明日4/28(木)に日本で発売されることが決定したということである。
「 米アップルは多機能携帯端末「iPad(アイパッド)2」を日本国内で28日に発売する方針を固めた。27日発表する。当初は3月25日に売り出す予定だったが、東日本大震災に配慮して発売を延期。いつ発売するかが注目されていた。アップルの直営7店舗や一部のソフトバンクモバイルショップ、家電量販店で販売する。」
アップル「iPad2」、あす日本でも発売 (4月27日付 日本経済新聞)

ワコム、iPad用スタイラスペン「Bamboo® Stylus」を発売

株式会社ワコムは、Bambooシリーズの追加ラインアップとして、アップル社製iPad®のディスプレイ上で快適な書き込みができるスタイラスペンBamboo Stylusを発売します。価格はオープンで、iPad取り扱いのある主な家電・パソコン量販店、当社オンラインショップ「ワコムストア」および一部のソフトバンクショップなどで販売します。日本においては2011年5月下旬より発売し、その他の地域においても同時期前後に順次発売する予定です。
ワコム、iPad用スタイラスペン「Bamboo® Stylus」を発売(ワコム ニュースリリース2011/4/20)