麻酔科

喉頭展開のポイント

喉頭鏡挿入で、喉頭鏡の長軸と顔面の線がほぼ平行になった後に、はじめて喉頭展開(喉頭鏡長軸方向:前方に押し出す)を行います。喉頭鏡が挿入できない状態で、喉頭展開を試みても喉頭蓋はみえません。初心者のうちは、喉頭を探しながら喉頭を展開する操作は行わない方がよいでしょう。喉頭展開の手技がきちんと身につきません。
喉頭展開のポイント

[1 気管挿管の手順と要点] [6 喉頭展開]

Visited 9 times, 1 visit(s) today

研修医の気管挿管例1前のページ

喉頭鏡挿入のポイント次のページ

PAGE TOP