麻酔科

喉頭鏡の構造

ビデオでは、喉頭鏡を右側面→背面→左側面の順に観察しています。背面からみて左側の部分(左側面)は、「水かき」部と呼ばれ、舌をよけるために便利なように舌がのりやすい構造になっているのが観察できます(左右で構造が異なることに注目してください)。


喉頭鏡の構造

[3 喉頭鏡の構造と握り方] 

Visited 3 times, 1 visit(s) today

開口のポイント前のページ

喉頭鏡素振りとエア挿管のビデオ(videopod)次のページ

PAGE TOP