論文/報告書

帝王切開時の抗生剤投与のタイミング

帝王切開の時の抗生剤の初回投与のタイミングは、臍帯がクランプされた後に投与するとCDCのSSI予防のガイドラインで述べられている。管理人の施設ではどこでもそのようにしていたと思うのだが、未だに問題になるらしい。知らないのか、誰かが変なことを教えるのかわからないが、混乱が生じているようである。といってもCDCのガイドラインは未だに生きているので、通常はこどもが生まれてから投与するのが筋である。日本麻酔科学会中国四国地方会でも、どうするか質問している人がいた。管理人にとって、いまさら、どうしてそんなことを聞くのかが疑問であった。あえて、ここに書いてみた。
http://www.cdc.gov/ncidod/dhqp/pdf/guidelines/SSI.pdf
現状でのガイドラインはそうであるのだが...


さらに、別の方面からの意見が出てきているのも確かである。六日町病院の市川先生が全訳されたWHOの手術安全ガイドラインのp.57ページ(PDF)にそれが出ている。
『帝王切開のための予防:帝王切開(最も一般に施行される手術の一つ)は、術後感染症の重大なリスクがあります。感染性合併症は、このような患者の7~20%と見積もられています(258)。Griffiths らは、症例対象研究で全体の手術部位感染頻度は9.9%を報告しています(259)。コクランレビューが、予定と予定でない帝王切開の両方での予防的抗菌薬の推奨が、創感染で2/3に、子宮内膜炎で3/4に減少したことで正当化されたと結論付けました。第一世代セファロスポリンが最も一般的に使用された薬剤です。予防的抗菌薬投与の適切なタイミングについての議論は続いています。新生児が抗菌薬にさらされることと新生児敗血症における影響についての懸念が、臍帯がクランプされるまで抗菌薬投与を遅らせるとしてきました―WHOの妊娠と分娩における合併症の管理ガイドラインは、臍帯がクランプされ切断された後に予防的抗菌薬を一回投与することを推奨しました(261)。Thigpen らは、最近の無作為化臨床試験で、抗菌薬が皮膚切開か臍帯クランプの前に投与されるかに関わらず、新生児敗血症と集中治療室への入室も含め、母体感染性合併症に違いはなかったことを見いだしています(262)。Sullivan らは、皮膚切開前の抗菌薬投与は、臍帯クランプ時の投与と比較した時、感染性合併症が低かったと報告しています(258)。最後に、皮膚切開前の予防的抗菌薬投与における方針の変更は、帝王切開後感染症の重要な低下に繋がっています(263)。研究されたあらゆる他の手術での皮膚切開前の投与で、予防は最も効果的であり、最近のメタ分析は、出生時の抗菌薬へのこの短時間の小児への接触が有害であるという明らかなエビデンスを示していません(264)。皮膚切開前一時間以内の予防的抗菌薬投与は、臍帯がクランプされるまで待つより、効果的である可能性があります。米国産科婦人科学会が予防のために抗菌薬投与を勧め、王立産科婦人科学会は予防的に抗菌薬を提案することを推奨していますが、どちらもタイミングに関しての決定的な推奨はしていません(269)。明らかに、この問題には論争があり、どちらの実施もプラセボよりは帝王切開後感染の予防に受け入れ可能で、効果的があります(267)。』
何も知らなくて、帝王切開の手術開始時に抗生剤を投与している場合には問題であるが、これらの意見に反応してすでに、臍帯クランプ前の投与から術前の投与に変更しているのなら、それはそれでよいと思う。
△さらに、これまでにタイミングに関して何も示していなかった、米国の産婦人科学会が今年8月に術前の抗生剤投与を推奨するという意見をJournal of Obstetrics & Gynecologyに発表した。
帝王切開が始まる60分以内に抗生剤の予防的投与を行うということである。
しかし、この意見はまだ、日本では一般的ではない。
今後どのようになるかについて、麻酔科医も注目しておくべき必要がある。一度、この件に関して各施設で産婦人科と協議しておくことが必要であろう。
帝王切開前の抗生物質投与を推奨-米国産科婦人科学会 (2010/9/9 美容健康EXPニュース)
All Women Need Antibiotics One Hour Before Cesarean Delivery (ACOG)
Committee opinion no. 465: antimicrobial prophylaxis for cesarean delivery: timing of administration. Obstet Gynecol. 2010 Sep;116(3):791-2.
<参考>
六日町病院の市川先生が全訳されたWHOの手術安全ガイドライン(PDF)

エコーガイド下中心静脈穿刺前のページ

第17回日本小児麻酔学会次のページ

リンク

学術集会など 20220602更新
■日本神経麻酔集中治療学会
第26回学術大会(7/15-16), 2022 大阪
└第27回学術大会(4/22-23), 2023 足利
■ASRA
└47th meeting(3/31-4/2), 2022 ラスベガス
■SCA
└2022 meeting(5/14-17), 2022 カリフォルニア
■日本区域麻酔学会
└第9回学術集会(4/15-16), 2022 沖縄
└第10回学術集会(4/14-15), 2023 大阪
└第11回学術集会(4/13-14), 2024 たぶん仙台
■日本臨床モニター学会
第33回学会総会(6/25-26), 2022 名古屋
■IARS
└2022meeting(3/18-20), 2022 ホノルル
└2023meeting(4/14-17), 2023 デンバー
└2024meeting(5/17-20), 2024 シアトル
■日本麻酔科学会[会員用]
└第69回学術集会(6/16-18), 2022 神戸
└第70回学術集会(6/1-3), 2023 神戸
└第71回学術集会(6/6-8), 2024 神戸
■日本循環制御医学会
└第43回総会 (5/27-28)
, 2022 長崎
■EuroSIVA
■ESA
└Euroanaesthesia2022(6/4-6), 2022 ミラノ
■日本疼痛学会
└第44回大会 (12/2-3), 2022 岐阜
└第45回大会 (12/8-9), 2023 福島
■日本緩和医療学会
└第27回学術大会(7/1-2), 2022 神戸
└第28回学術大会(6/30-7/1), 2023 神戸
└第29回学術大会(6/14-15), 2024 神戸
■麻酔科学サマーセミナー世話人ブログ
└第18回セミナー(7/22-24), 2022 沖縄
■日本ペインクリニック学会
└第56回大会 (7/7-9), 2022 東京
└第57回大会 (7/13−15), 2023 佐賀
└支部関連学術集会
■WFSA
└18h WCA(3/1-5), 2024 シンガポール
■日本麻酔科学会支部学術集会
2022年はWEB開催 9/2-10/3
└北海道・東北支部第12回学術集会
└関東甲信越・東京支部第62回合同学術集会
└東海・北陸第20回学術集会
└第68回関西支部学術集会
└中国・四国支部第59回学術集会
└九州麻酔科学会第60回大会
2023年は現地開催 9/2・9/9
└北海道・東北支部第13回学術集会
└関東甲信越・東京支部第63回合同学術集会
└東海・北陸第21回学術集会
└第69回関西支部学術集会
└中国・四国支部第60回学術集会
└九州麻酔科学会第61回大会
■ESRA
└39th congress(6/22-25), 2022 ギリシャ
■IASP
└2022 congress(9/19-23), 2022 トロント
■日本心臓血管麻酔学会
└第27回大会 (9/17-18)
, 2022 京都
└第28回大会 (9/15-17), 2023 奈良
└第29回大会 (9/20-22), 2024 広島
■ESCTAIC
■NAVAt
└2022 symposium(9月), 2022ベルギー
日本麻酔科学会麻酔科専門医認定試験
└第61回麻酔科専門医試験(筆記10/23), 2022東京・神戸, (口頭11/2-6), 2022神戸
■日本歯科麻酔学会
└第50回大会(10/27-29), 2022 東京
■日本手術医学会
└第43回総会 (1/28-29), 2022 大阪
■ASA
└2022meeting(10/22-26), 2022 ニューオリンズ
└2023meeting(10/14-18), 2023 サンフランシスコ
■日本小児麻酔学会
└第27回大会(10/8−9), 2022 岡山
■日本臨床麻酔学会
└第42回大会(11/11-12), 2022 京都
└第43回大会(12/7-9), 2023 宮崎
■JB-POT認定試験
└第19回JB-POT認定試験(11/12), 2022 東京/大阪
■日本心臓血管麻酔専門医認定試験
└第11回日本心臓血管麻酔専門医認定試験(11/13),2022 東京
■周術期管理チーム認定試験
└筆記試験(11/12), 2022東京/神戸
■日本蘇生学会
└第41回大会 (11/4-5), 2022 熊本
└第42回大会 (11/17-18), 2023 川越
■日本救急医学会
└第50回集会(10/19-21), 2022 東京
└第51回集会(11/28-30), 2023 東京
■日本手術看護学会
└第36回大会(11/4-5)
, 2022 名古屋
■日本産科麻酔学会
└第126回集会 (11/26-27), 2022 浜松
■日本麻酔・集中治療テクノロジー学会
└第40回学術集会(12/2-3)
, 2022 西宮
└第41回学術集会(12/8−9), 2023 奈良
日本静脈麻酔学会
└第29回大会(11/25−26), 2022 豊中
└第30回大会(), 2023 東京
└第31回大会(11/29-30), 2024 広島
■STA
└2022meeting(1/13-15), 2022 Virtual via Zoom
■日本老年麻酔学会
└第34回学会(2/11-12), 2022 和歌山
└第35回学会(3/3-4), 2023 木更津
└第36回学会(2月頃), 2024 未定
■日本医学シミュレーション学会
└第17回学術大会 (3/20
), 2022 沖縄
└第18回学術大会 (1/7-8), 2023 和歌山
■日本慢性疼痛学会
└第51回学会(2/25-26), 2022 佐賀
■日本集中治療医学会
└支部学術集会
└第49回学術集会(3/18-20), 2022 仙台


麻酔科学教室 20220101

●だいたい北から南に並んでいます(間違いや不足があればお知らせください)

■旭川医科大学麻酔科蘇生科
■札幌医科大学麻酔学教室
■北海道大学大学院医学研究科 麻酔・周術期医学分野
■弘前大学医学部麻酔科学教室
■秋田大学医学部 統合医学講座 麻酔科学・蘇生学分野 (麻酔科)
■岩手医科大学附属病院麻酔科
■東北大学病院麻酔科
■山形大学医学部 麻酔科学講座
■自治医科大学麻酔科学・集中治療医学講座
■獨協医科大学病院麻酔科
■福島県立医科大学医学部麻酔科学講座
■筑波大学附属病院麻酔科
■山梨大学医学部麻酔科学教室
■群馬大学医学系研究科脳神経病態制御学講座 麻酔神経科学
■埼玉医科大学病院麻酔科
└埼玉医科大学総合医療センター麻酔科
└埼玉医科大学国際医療センター麻酔科
■千葉大学病院麻酔・疼痛・緩和医療科
■慶應大学医学部麻酔学教室
■帝京大学医学部麻酔科
■東京慈恵会医科大学麻酔科学講座
■昭和大学医学部麻酔科学講座
■東邦大学医療センター大森病院 麻酔科
■日本医科大学麻酔科学教室
■杏林大学医学部麻酔科学教室
■日本大学医学部麻酔科学教室
■聖マリアンナ医科大学病院麻酔科学
■東京医科歯科大学医学部附属病院麻酔・蘇生・ペインクリニック科
■東京大学医学部麻酔学教室
■東京女子医科大学麻酔科学教室
■東京医科大学麻酔科学教室
■順天堂医院麻酔科・ペインクリニック
■横浜市立大学医学部麻酔科学教室
■東海大学医学部付属病院麻酔科
■北里大学病院麻酔科
■新潟大学大学院医歯学総合研究科麻酔科学分野
■富山大学大学院医学薬学研究部麻酔科学講座
■福井大学医学部麻酔科蘇生科
■金沢大学医薬保健研究域医学系麻酔・集中治療医学
■金沢医科大学麻酔科学講座
■信州大学医学部麻酔蘇生学講座
■浜松医科大学麻酔・蘇生学講座
■岐阜大学大学院医学系研究科麻酔科・疼痛医学
■名古屋大学医学部附属病院麻酔科
■名古屋市立大学病院麻酔科
■藤田医科大学麻酔・侵襲制御医学講座
■愛知医科大学医学部麻酔科学講座
■三重大学臨床麻酔学講座
■滋賀医科大学麻酔学講座
■京都大学医学部附属病院麻酔科
■京都府立医大麻酔科学教室
■大阪大学医学部麻酔学教室
■大阪市立大学 麻酔・集中治療医学
■大阪医科大学麻酔科学教室
■関西医科大学麻酔科学講座
■近畿大学医学部麻酔科学講座
■奈良県立医科大学麻酔科学教室
■和歌山県立医科大学麻酔科学教室
■神戸大学大学院医学研究科外科系講座麻酔科学分野
■兵庫医科大学麻酔科学・疼痛制御科学講座
■岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 麻酔・蘇生学講座
■川崎医科大学麻酔・集中治療科
■広島大学大学院医系科学研究科 麻酔蘇生学
■山口大学大学院医学系研究科 医学専攻 麻酔・蘇生学講座
■鳥取大学医学部麻酔・集中治療学分野
■島根大学医学部麻酔科学
■香川大学医学部 麻酔学講座
■愛媛大学大学院医学系研究科 麻酔・周術期学教室
■高知大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座
■九州大学大学院 医学研究院 外科学講座 麻酔・蘇生学分野
■産業医科大学医学部 麻酔科学教室
■福岡大学医学部 麻酔科学教室
■久留米大学医学部 麻酔学講座
■佐賀大学医学部 麻酔・蘇生学教室
■長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 麻酔学集中治療医学
■熊本大学医学部 麻酔科学教室
■大分大学医学部 麻酔科学講座
■宮崎大学医学部麻酔生体管理学教室
■鹿児島大学大学院医歯学総合研究科侵襲制御学
■琉球大学大学院医学研究科麻酔科学講座


検索サイト

■Google ■Yahoo
■Amazon
■Gmail ■Twitter
■Facebook
■Wikipedia日本
■Wikipedia
■Googleブック検索

■JMPA

■医療用医薬品添付文書

■緊急安全性情報

■PubMed
■医中誌
■J-Global  ■J-STAGE

□Google Scholar

□Microsoft Academic Search

■CiNii
■CiNii Books
■JAIRO■KAKEN

■researchmap

■研究者リゾルバー ■ORCiD

■Web of Science

■Endnote Web

■RefWorks

■DeepL

□アルク英辞郎 ■goo辞書

■Weblio英和和英

■ライフサイエンス辞書

□Google翻訳 □Excite翻訳□Weblio翻訳


Journal

■Free med Journal(Anesthesiology)
■Anesthesiology ■Pain

■A&A ■EJA
■BJA ■JA

■Anaesthesia ■RAPM

■JCA
■JCVA ■CJA
■Current opinion anesth
■JOACP
■Pain Practice
■Minerva Anestesiologica
■Anaesth Intensive Care
■Acta Anaesthesiol Scand
■Pediatric Anesthesia

■IJOA

■J Neurosurg Anesth

■J Clin Monit Comput
■Anaesth Intensive Med

■BMC Anesthesiology
■JACR

■日本臨床麻酔学会誌

■Cardiovascular Anesthesia
■循環制御 ■麻酔と蘇生

■人工呼吸
■JSTA学会誌
■臨床モニター

■麻酔 ■LiSA ◇臨床麻酔

■日本集中治療医学会雑誌

■日本救急医学会雑誌

■INTENSIVIST

■JJSPC
◇ペインクリニック
■ImpactFactors2013 Anesthesia
■JCR‐Impact‐Factors 2013(PDF)(XLS)
■SJR(Anesthesiology)
■SJR(Critical Care)

 

PAGE TOP