初期研修医向け

全身麻酔の3要素(3A)と麻酔管理の3B

全身麻酔(Anesthesia)の3要素とは、鎮痛(Analgesia:無痛)、鎮静(Amnesia:健忘)、筋弛緩(Akinesia:不動)と3つのAとして3Aで表すことができる。これは、知っているという方が多いと思う。これとは別に、麻酔管理の3要素とは、3Bで表現できる。BP(Blood pressure:血圧、特に平均血圧)、BT(Body temperature:体温)、BIS(BIS値:脳波から導き出される大脳の活動度、鎮静度)である。この3Bというのは、管理人が研修医によく言っているオリジナルであるが、これを話すと納得する。麻酔管理は、全身麻酔中に3Aを満たすようにモニタをつかって生体を管理しつづけ、その最後には問題なく元の状態に戻ること。麻酔を導入したらおしまいというのではなく、研修医が学ぶべきことは麻酔維持中の状態をコントロールすること(指導医がどのようにコントロールしているかを見取ること)。麻酔薬の上げ下げだけに終始するのでなく、管理目標を設定してその状態に保つには、そのとき何をすべきかを判断すること。たとえば、リスクがない患者であっても3Bを意識する。血圧の管理目標は平均血圧で65以上に、体温(中心温)は37.0℃、BIS値は50を保つために、どうすべかを常に考えること。アラームが鳴らない時のモニタは眺めるものではなく、何をすべきかを考えさせる判断材料を与えてくれるものである。麻酔中は、モニタだけでなく、術野や、麻酔科医が行っている医療行為(麻酔薬投与、輸液や輸血、体温管理、人工呼吸および循環管理)を含めて状態の変化を考えること。ここで、麻酔科研修チェックノート(第3版 p.154)のコラム「攻めの麻酔と守りの麻酔」を思い出して欲しい。攻めの麻酔(先手の麻酔)とは「患者の状態の変化,手術侵襲の変化を的確に捉えて,あらかじめ予測して積極的に輸液管理,循環管理,呼吸管理などを行い適切な麻酔状態に維持すること」で、守りの麻酔(後手の麻酔)とは「ただ漫然と麻酔薬を入れるだけ」と書いているのはこのことである。血圧が下がれば、麻酔薬の投与速度を下げ、血圧が上がれば麻酔薬投与速度を上げるだけではいけない。


なお、麻酔の3要素の3Aは便宜上で、本当はHypnosis(無意識)、Amnesia(健忘)、analgesia(無痛)、Akinesia(不動)、Stability and control(心血管系、呼吸器系、体温調節や自律神経系の安定化と制御)を指す。無意識と記憶がないことは別ものである。これに、Stability and controlが加わって全身麻酔といえる。
全身麻酔の4条件(4A)というのもよく使う。Amnesia(鎮静)、Analgesia(鎮痛)、Akinesia(筋弛緩)、abolition of autonomic reflexes with maintenance of homeostasis(有害反射の抑制)というもの。

『周術期管理チームテキスト(第2版)』の販売について前のページ

麻酔記録フリーソフト:paperChart バージョンアップ次のページ

リンク

学術集会など 20211231更新
■日本神経麻酔集中治療学会
第26回学術大会(7/15-16), 2022 大阪
└第27回学術大会(4/22-23), 2023 足利
■ASRA
└47th meeting(3/31-4/2), 2022 ラスベガス
■SCA
└2022 meeting(5/14-17), 2022 カリフォルニア
■日本区域麻酔学会
└第9回学術集会(4/15-16), 2022 沖縄
└第10回学術集会(4/14-15), 2023 大阪
└第11回学術集会(4/13-14), 2024 たぶん仙台
■日本臨床モニター学会
第33回学会総会(6/25-26), 2022 名古屋
■IARS
└2022meeting(3/18-20), 2022 ホノルル
└2023meeting(4/14-17), 2023 デンバー
└2024meeting(5/17-20), 2024 シアトル
■日本麻酔科学会[会員用]
└第69回学術集会(6/16-18), 2022 神戸
└第70回学術集会(6/1-3), 2023 神戸
■日本循環制御医学会
└第43回総会 (5/27-28)
, 2022 長崎
■EuroSIVA
■ESA
└Euroanaesthesia2022(6/4-6), 2022 ミラノ
■日本疼痛学会
└第44回大会 (), 2022 岐阜
└第45回大会 (), 2023 福島
■日本緩和医療学会
└第27回学術大会(7/1-2), 2022 神戸
└第28回学術大会(6/30-7/1), 2023 神戸
└第29回学術大会(6/14-15), 2024 神戸
■麻酔科学サマーセミナー世話人ブログ
└第18回セミナー(7/22-24), 2022 沖縄
■日本ペインクリニック学会
└第56回大会 (7/7-9), 2022 東京
└第57回大会 (7/13−15), 2023 佐賀
└支部関連学術集会
■WFSA
└18h WCA(3/1-5), 2024 シンガポール
■日本麻酔科学会支部学術集会
2022年はWEB開催 9/2-10/3
└北海道・東北支部第12回学術集会
└関東甲信越・東京支部第62回合同学術集会
└東海・北陸第20回学術集会
└第68回関西支部学術集会
└中国・四国支部第59回学術集会
└九州麻酔科学会第60回大会
■ESRA
└39th congress(6/22-25), 2022 ギリシャ
■IASP
└2022 congress(9/19-23), 2022 トロント
■日本心臓血管麻酔学会
└第27回大会 (9/17-18)
, 2022 京都
└第28回大会 (9/15-17), 2023 奈良
└第29回大会 (9/21-23), 2024 広島
■ESCTAIC
■NAVAt
└2022 symposium(9月), 2022ベルギー
日本麻酔科学会麻酔科専門医認定試験
└第61回麻酔科専門医試験(筆記), 2022東京・神戸, (実技・口頭), 2022神戸
■日本歯科麻酔学会
└第50回大会(10/27-29), 2022 東京
■日本手術医学会
└第43回総会 (1/28-29), 2022 大阪
■ASA
└2022meeting(10/22-26), 2022 ニューオリンズ
└2023meeting(10/14-18), 2023 サンフランシスコ
■日本小児麻酔学会
└第27回大会(10/8−9), 2022 岡山
■日本臨床麻酔学会
└第42回大会(11/11-12), 2022 京都
└第43回大会(12/7-9), 2023 宮崎
■JB-POT認定試験
└第19回JB-POT認定試験(11月), 2022 東京/大阪
■日本心臓血管麻酔専門医認定試験
└第11回日本心臓血管麻酔専門医認定試験(11月),2022 東京
■周術期管理チーム認定試験
└筆記試験(11月), 2022東京/神戸
■日本蘇生学会
└第41回大会 (11/4-5), 2022 熊本
└第42回大会 (11/17-18), 2023 川越
■日本救急医学会
└第50回集会(10/19-21), 2022 東京
■日本手術看護学会
└第36回大会(11/4-5)
, 2022 岐阜
■日本産科麻酔学会
└第126回集会 (11/26-27), 2022 浜松
■日本麻酔・集中治療テクノロジー学会
└第40回学術集会(12/2-3)
, 2022 西宮
└第41回学術集会(12/8−9), 2023 奈良
日本静脈麻酔学会
└第29回大会(11/25−26), 2022 豊中
■STA
└2022meeting(1/13-15), 2022 Virtual via Zoom
■日本老年麻酔学会
└第34回学会(2/11-12), 2022 和歌山
└第35回学会(3/3-4), 2023 木更津
└第36回学会(2月頃), 2024 未定
■日本医学シミュレーション学会
└第17回学術大会 (3/20
), 2022 沖縄
└第18回学術大会 (1/7-8), 2023 和歌山
■日本慢性疼痛学会
└第51回学会(2/25-26), 2022 佐賀
■日本集中治療医学会
└支部学術集会
└第49回学術集会(3/18-20), 2022 仙台


麻酔科学教室 20220101

●だいたい北から南に並んでいます(間違いや不足があればお知らせください)

■旭川医科大学麻酔科蘇生科
■札幌医科大学麻酔学教室
■北海道大学大学院医学研究科 麻酔・周術期医学分野
■弘前大学医学部麻酔科学教室
■秋田大学医学部 統合医学講座 麻酔科学・蘇生学分野 (麻酔科)
■岩手医科大学附属病院麻酔科
■東北大学病院麻酔科
■山形大学医学部 麻酔科学講座
■自治医科大学麻酔科学・集中治療医学講座
■獨協医科大学病院麻酔科
■福島県立医科大学医学部麻酔科学講座
■筑波大学附属病院麻酔科
■山梨大学医学部麻酔科学教室
■群馬大学医学系研究科脳神経病態制御学講座 麻酔神経科学
■埼玉医科大学病院麻酔科
└埼玉医科大学総合医療センター麻酔科
└埼玉医科大学国際医療センター麻酔科
■千葉大学病院麻酔・疼痛・緩和医療科
■慶應大学医学部麻酔学教室
■帝京大学医学部麻酔科
■東京慈恵会医科大学麻酔科学講座
■昭和大学医学部麻酔科学講座
■東邦大学医療センター大森病院 麻酔科
■日本医科大学麻酔科学教室
■杏林大学医学部麻酔科学教室
■日本大学医学部麻酔科学教室
■聖マリアンナ医科大学病院麻酔科学
■東京医科歯科大学医学部附属病院麻酔・蘇生・ペインクリニック科
■東京大学医学部麻酔学教室
■東京女子医科大学麻酔科学教室
■東京医科大学麻酔科学教室
■順天堂医院麻酔科・ペインクリニック
■横浜市立大学医学部麻酔科学教室
■東海大学医学部付属病院麻酔科
■北里大学病院麻酔科
■新潟大学大学院医歯学総合研究科麻酔科学分野
■富山大学大学院医学薬学研究部麻酔科学講座
■福井大学医学部麻酔科蘇生科
■金沢大学医薬保健研究域医学系麻酔・集中治療医学
■金沢医科大学麻酔科学講座
■信州大学医学部麻酔蘇生学講座
■浜松医科大学麻酔・蘇生学講座
■岐阜大学大学院医学系研究科麻酔科・疼痛医学
■名古屋大学医学部附属病院麻酔科
■名古屋市立大学病院麻酔科
■藤田医科大学麻酔・侵襲制御医学講座
■愛知医科大学医学部麻酔科学講座
■三重大学臨床麻酔学講座
■滋賀医科大学麻酔学講座
■京都大学医学部附属病院麻酔科
■京都府立医大麻酔科学教室
■大阪大学医学部麻酔学教室
■大阪市立大学 麻酔・集中治療医学
■大阪医科大学麻酔科学教室
■関西医科大学麻酔科学講座
■近畿大学医学部麻酔科学講座
■奈良県立医科大学麻酔科学教室
■和歌山県立医科大学麻酔科学教室
■神戸大学大学院医学研究科外科系講座麻酔科学分野
■兵庫医科大学麻酔科学・疼痛制御科学講座
■岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 麻酔・蘇生学講座
■川崎医科大学麻酔・集中治療科
■広島大学大学院医系科学研究科 麻酔蘇生学
■山口大学大学院医学系研究科 医学専攻 麻酔・蘇生学講座
■鳥取大学医学部麻酔・集中治療学分野
■島根大学医学部麻酔科学
■香川大学医学部 麻酔学講座
■愛媛大学大学院医学系研究科 麻酔・周術期学教室
■高知大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座
■九州大学大学院 医学研究院 外科学講座 麻酔・蘇生学分野
■産業医科大学医学部 麻酔科学教室
■福岡大学医学部 麻酔科学教室
■久留米大学医学部 麻酔学講座
■佐賀大学医学部 麻酔・蘇生学教室
■長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 麻酔学集中治療医学
■熊本大学医学部 麻酔科学教室
■大分大学医学部 麻酔科学講座
■宮崎大学医学部麻酔生体管理学教室
■鹿児島大学大学院医歯学総合研究科侵襲制御学
■琉球大学大学院医学研究科麻酔科学講座


検索サイト

■Google ■Yahoo
■Amazon
■Gmail ■Twitter
■Facebook
■Wikipedia日本
■Wikipedia
■Googleブック検索

■JMPA

■医療用医薬品添付文書

■緊急安全性情報

■PubMed
■医中誌
■J-Global  ■J-STAGE

□Google Scholar

□Microsoft Academic Search

■CiNii
■CiNii Books
■JAIRO■KAKEN

■researchmap

■研究者リゾルバー ■ORCiD

■Web of Science

■Endnote Web

■RefWorks

■DeepL

□アルク英辞郎 ■goo辞書

■Weblio英和和英

■ライフサイエンス辞書

□Google翻訳 □Excite翻訳□Weblio翻訳


Journal

■Free med Journal(Anesthesiology)
■Anesthesiology ■Pain

■A&A ■EJA
■BJA ■JA

■Anaesthesia ■RAPM

■JCA
■JCVA ■CJA
■Current opinion anesth
■JOACP
■Pain Practice
■Minerva Anestesiologica
■Anaesth Intensive Care
■Acta Anaesthesiol Scand
■Pediatric Anesthesia

■IJOA

■J Neurosurg Anesth

■J Clin Monit Comput
■Anaesth Intensive Med

■BMC Anesthesiology
■JACR

■日本臨床麻酔学会誌

■Cardiovascular Anesthesia
■循環制御 ■麻酔と蘇生

■JSTA学会誌
■臨床モニター

■麻酔 ■LiSA ◇臨床麻酔

■日本集中治療医学会雑誌

■日本救急医学会雑誌

■INTENSIVIST

■JJSPC
◇ペインクリニック
■ImpactFactors2013 Anesthesia
■JCR‐Impact‐Factors 2013(PDF)(XLS)
■SJR(Anesthesiology)
■SJR(Critical Care)

 

PAGE TOP