世間の常識

点滴をとる(その2)

一般人が「点滴をとる」と表現する場合,通常,点滴ルートの抜針をすることを意味する.不用意に「点滴をとる」と言うと,「どうして点滴をしていないのに点滴を取り外してしまうのか?」ということになりかねない.「静脈ルートを確保する」の意味で「点滴をとる」といって通じるのは,医療関係者か病院慣れした患者さんに限ると思った方がよい.

Visited 35 times, 1 visit(s) today

AERA 2006年4月10日号前のページ

福島県立大野病院の医療事故問題について <日医ホームページ>次のページ

PAGE TOP