サイトアイコン msanuki.com

研修医の「さしすせそ」

るなのひとりごとさん のところに,研修医の「さしすせそ」が出ている。
管理人もこれは昔から知っていたが,すこし変化しているようだ。
オリジナルは,
■年功序列の中で生きるための「さしすせそ」

さ: さすがですねえ
し: しりませんでした。勉強になります。
す: すいません
せ: せんせーのおかげです
そ: (なにか手技を披露した後で)そんな、こんなの大したことじゃあありませんよ

だと思います。
■学会の「さしすせそ」というのもあります。

さ: さぁ
し: 知りません
す: すみません
せ: 先生
そ: そうだったんですか

と答えておくと,一通り切り抜けることができるというワザである。しかし,これを知っている質問者には通用しないことを忘れないようにしたい。
管理人は,研修医に対応するときも学会の時にも上記の対応には気をつけるようにしている。結局,何も答えになったいないわけだから評価は良くないだろう。
最近は,ビジネスのクレームに対する「さしすせそ」が気に入っている。こちらの方がずっと誠実である。
■クレーム対応の「さしすせそ」

さ: 最善を尽くす
し: 知ったかぶりはしない
す: するな!議論をお客様とは
せ: 誠意を持って応対せよ!
そ: 即刻  関係部署 近隣へ ホウレンソウ

クレーム対応の極意は  さしすせそ で覚える(研修事業部長 山根暁のブログ)
クレーム対応「さしすせそ」(クレーム処理・対応研修)

モバイルバージョンを終了