msanuki のすべての投稿

第13回麻酔科学サマーセミナーベストプレゼンテーション

第13回麻酔科学サマーセミナーのポスター演題で優秀なポスターに与えられるのがベストプレゼンテーション賞です。研修医部門と一般部門の優秀者と全ポスターの中で最優秀者に賞品を授与しました。学術点と技術点を評価しました。
2016年6月25日表彰

◆2016年ベストプレゼンテーション賞(第13回麻酔科学サマーセミナー)

最優秀賞 古田 茜(聖隷浜松病院)
帝王切開術における直線加圧測定方式 NIBP(iNIBP)の挑戦 ―当院の clinical setting の中での減圧測定方式(dNIBP)ー

[一般部門]

優秀賞 千田雄太郎(帯広厚生病院)
非侵襲的深部温モニタリングシステムTempleTouchProTMの有用性

[研修医部門]
優秀賞 小川誠子(福島医大)
BIS 値と Patient State Index 値を同時観察した場合麻酔科医はどちらをより重視するか ― SedLine®導入直後の検討―

以上、3名の先生方、おめでとうございました。

第12回麻酔科学サマーセミナーベストプレゼンテーション

第12回麻酔科学サマーセミナーのポスター演題で優秀なポスターに与えられるのがベストプレゼンテーション賞です。研修医部門と一般部門の優秀者と全ポスターの中で最優秀者に賞品を授与しました。学術点と技術点を評価しました。
2015年6月27日表彰

◆2015年ベストプレゼンテーション賞(第12回麻酔科学サマーセミナー)

最優秀賞 今野寛子(聖隷浜松病院)
硬膜外カテーテルの外側偏位による片側性ブロックへの挑戦
―帝王切開術の術後 PCEA での検討―

[一般部門]

優秀賞 中西俊之(山口大学)
スガマデクスとロクロニウムの混合液を含めてプリックテストで調査・診断したアナフィラ キシーの1例

[研修医部門]
優秀賞 高橋さゆみ(NTT東日本札幌病院)
困難気道モデルにおける新型 Airway scope の有用性
-Airtraq,Macintosh 喉頭鏡との比較検討-

以上、3名の先生方、おめでとうございました。

今年も写真コンテストやります

麻酔科学サマーセミナー 沖縄フォトコンテスト
■対象作品

沖縄がテーマであれば撮影時期やジャンルは問いません。

■応募方法

事前登録は必要ありません。ただし、応募はひとり1作品とします。
A4、または四つ切り用紙に印刷したものを6月25日(土)朝のセッション終了時までにセミナー受付に提出してください。

■投票および選考

作品は6月25日(土)朝のセッション終了後にボードに掲示します。
選考はセミナー参加者(全員)の投票で行います。
セミナー受付時に投票用紙をお配りしますので、気に入った作品に投票してください。
票数が多い順に順位をつけます。

■表彰

最も得票数が多い作品は最優秀賞として懇親会で表彰します。副賞もあります。
最優秀作品は次年度の麻酔科学サマーセミナーホームページのカバー写真として採用します。
ただし、ホームページのレイアウトなどにより、カバー写真として採用できない場合もあります。
採用の可否の判断は事務局にお任せください。

■その他

作品の著作権は作者に帰属します。

第11回麻酔科学サマーセミナーベストプレゼンテーション

第11回麻酔科学サマーセミナーのポスター演題で優秀なポスターに与えられるのがベストプレゼンテーション賞です。研修医部門と一般部門の優秀者と全ポスターの中で最優秀者に賞品を授与しました。学術点と技術点を評価しました。
2014年6月28日表彰

◆2014年ベストプレゼンテーション賞(第11回麻酔科学サマーセミナー)

最優秀賞 野口翔平(聖隷浜松病院)
産科危機的出血に対するノボセブン(rFVIIa)投与の適正時期

[一般部門]

優秀賞 寺田尚弘(東京女子医科大学)
血液凝固分析装置 GC02N による血中フィブリノーゲン値測定の臨床的考察

[研修医部門]
優秀賞 伊集院 亜梨紗(東京警察病院)
アセトアミノフェン静注液で,術中術後疼痛管理は変わったか?

以上、3名の先生方、おめでとうございました。

第10回麻酔科学サマーセミナーベストプレゼンテーション

第10回麻酔科学サマーセミナーのポスター演題で優秀なポスターに与えられるのがベストプレゼンテーション賞です。研修医部門と一般部門の優秀者と全ポスターの中で最優秀者に賞品を授与しました。学術点と技術点を評価しました。
2013年6月29日表彰

◆2013年ベストプレゼンテーション賞(第10回麻酔科学サマーセミナー)

最優秀賞 神谷岳史(東京女子医科大学)
挿管のバイオメカニクス ~省エネ挿管デバイスはどれか~

[一般部門]

優秀賞 野坂舞子(聖隷浜松病院)
帝王切開術後持続鎮痛における硬膜外カテーテル先端位置と片側性ブロックの関係
―単孔式カテーテルと多孔式カテーテルの比較―

[研修医部門]
優秀賞 

以上、3名の先生方、おめでとうございました。

第9回麻酔科学サマーセミナーベストプレゼンテーション

第9回麻酔科学サマーセミナーのポスター演題で優秀なポスターに与えられるのがベストプレゼンテーション賞です。研修医部門と一般部門の優秀者と全ポスターの中で最優秀者に賞品を授与しました。学術点と技術点を評価しました。
2012年6月30日表彰

◆2012年ベストプレゼンテーション賞(第9回麻酔科学サマーセミナー)

最優秀賞 伊藤みゆき(聖隷浜松病院)
硬膜外カテーテル先端位置の分布に関する研究 ー帝王切開術(L2/3)ー
[一般部門]

優秀賞 高田幸昌(札幌医大)
Cadaverを用いた麻酔科学ワークショップ 〜臨床手技教育におけるThiel法固定遺体の有用性〜
[研修医部門]
優秀賞 内山結理(札幌医大)
エアウェイスコープガイド下気管挿管法 ー2種類のスパイラルチューブにおける有用性の比較検討ー

以上、3名の先生方、おめでとうございました。

第8回麻酔科学サマーセミナーベストプレゼンテーション賞

◆2011年ベストプレゼンテーション賞(第8回麻酔科学サマーセミナー)

[一般部門]
最優秀賞 高田幸昌(札幌医大)

肩関節術後疼痛に対する腕神経叢ブロックにおけるPCRA法の効果

優秀賞 飯田高史(旭川医大)

Vigileo,Vigilance II を併用した残存シャントの評価

第3位 山口俊一(聖隷浜松病院)

羊水塞栓症2症例の麻酔経験
[研修医部門]

優秀賞 武藤はる香(聖隷浜松病院)

帝王切開術後硬膜外カテーテルの先端位置と片側性ブロックは関連するか?

以上、4名の先生方、おめでとうございました。

第7回麻酔科学サマーセミナーベストプレゼンテーション賞

第7回麻酔科学サマーセミナーのポスター演題で優秀なポスターに与えられるのがベストプレゼンテーション賞です。研修医部門と一般部門の優秀者と全ポスターの中で最優秀者に賞品を授与しました。
2010年6月26日表彰

◆2010年ベストプレゼンテーション賞(第7回麻酔科学サマーセミナー)

最優秀賞 飯田高史(旭川医大)
レミフェンタニルによる循環動態の変化(3D-TEEとFlo Trackによる計測)
[一般部門]


優秀賞 白鳥 徹(伊那中央病院)
当院における手術室運営と超過勤務
[研修医部門]
優秀賞 佐藤 慎(旭川医大)
初期研修医向け(裏)麻酔科研修申し送り -googleドキュメントを用いてできること-

以上、3名の先生方、おめでとうございました。

第6回麻酔科学サマーセミナーベストプレゼンテーション賞

第6回麻酔科学サマーセミナーのポスター演題で優秀なポスターに与えられるのがベストプレゼンテーション賞です。研修医部門と一般部門の優秀者と全ポスターの中で最優秀者に賞品と賞状を授与しました。
2009年6月27日表彰

◆2009年ベストプレゼンテーション賞(第6回麻酔科学サマーセミナー)

最優秀賞 稲垣泰好(旭川医大)
i-gelとラリンジアルマスクプロシールの比較

[一般部門]
優秀賞 村田寛明(長崎大学)
生体肺移植術中に経皮血液ガス分析を行った1例

[研修医部門]
優秀賞 納富三津子(北野病院)
高度の気道狭窄を生じた甲状腺腫摘出手術の麻酔経験

以上、3名の先生方、おめでとうございました。

第6回麻酔科学サマーセミナーのみどころ

今年も6月末に麻酔科学サマーセミナーが沖縄本島で開催されます。基本的に6月の最 終週の金曜日〜日曜日であることは、本ブログの読者もうすうす感づいていたでしょう。暗黙の了解で、そのような日程になっているのです。この日程のわけ は、日本麻酔科学会学術集会が終わっている、他の麻酔科関連の学会がない、沖縄が梅雨明けしている、台風が来ないなどの様々な理由からそうなっています。 そうそう、天候もいいです。本格的な雨など降りません(晴れ男がいたりして)。これまで、雨が降ってどこにも出られなかったことは一度もありません。
さて、今回の麻酔科学サマーセミナーのみどころを解説します。
まずはじめに、セミナー併催のAHA BLSヘルスケアプロバイダーコースが開催されます。まだAHAのBLSを受講されていない方、再度、更新される方、6月12日までに申し込んでくださ い。まだ、間に合います。セミナーに参加すると3000円キャッシュバックされるので、事実上、最安値でセミナーの受講ができるということになります (キャッシュバックとはスマートな手を考えついたものです)。
また、今年から始まったバトルオンセミナーというセッションがあります。今年のバトルは「自動麻酔記録システム」です。各社の最新バージョンの自動麻酔記 録システムの特徴をセミナーで学ぶことができます。そのセミナーの前に、実際の自動麻酔記録に触ることができる時間が設けられています。本セミナーならで はのユーザーに優しい企画です。
気道管理ワークショップはLMA、再び!というタイトルで、日本未発売のデバイスのハンズオンができます。本邦で超有名なLMAのエバンジュリストから、 だれも使い方を学んでいない新しいデバイスの手ほどきを受けることができます。このデバイスは、近いうちに日本でも発売されると思います。
薬剤セミナーでは、小児の静脈麻酔と悩みも吹き飛ぶ鎮痛と鎮静のバランス〜術中から術後へ〜が予定されています。いずれも、本質をつく内容とディスカッションで参加者を満足させてくれると思います。
日本麻酔科学会学術総会が、インフルエンザ騒動で開催延期になり、学術的な新しい生の情報に飢えているのではないかとお察しします。私自身も、その一人です。
紺碧の海と晴れ渡った空を眺めながら、すがすがしい気持ちになれる沖縄の地で開催される第6回麻酔科学サマーセミナーにいらっしゃいませんか。
まだ、演題締め切りにも間に合います。参加登録にも間に合います。
麻酔科医だけでなく初期研修医、後期研修医の皆さんだけでなく、これらの関係企業の方々も、ぜひ参加してみてください。麻酔科医の今とこれからを感じることができるでしょう。また、セミナーに参加することで全国規模のヒトのつながりができるでしょう。
by 世話人No.6